めがね 新時代。

時代が大きく変わろうとしている今、めがねの産地も変化の時です。
100年以上続いてきた産地の歴史に敬意を払いつつも、
新しいことにチャレンジし、時代とともに成長していくために。

めがねフェスは、「めがねよ、ありがとう」を合言葉に、
作り手と使い手がつながる唯一のイベントです。
老若男女、めがねフェスに来た人みんなで、楽しい時間を共有し、
これからのめがねやめがね産地について考えたり、
アイデアやヒントを見つけたり、
わくわくするような未来を想像できるフェスを目指します。
めがねよ、ありがとう。
グッドデザイン賞
「めがねよ、ありがとう。」
めがねの産地に、ありがとう。
めがねがきっかけで、生まれた出会いに、ありがとう。
めがねの技術を培ってきた先人の努力と知恵に、ありがとう。
めがねづくりを通して、広がる世界にありがとう。
そして、いつもそばにいてしっかりと前を見せてくれるめがねよ、ありがとう。

めがねの一大産地、福井県鯖江市で開催される「めがねフェス」は、2018年6月に5回目の開催を迎え、全国各地から約15,900人のめがね好きの皆さんにご来場いただきました。めがね供養にはじまり、めがねグッズやめがねグルメ、めがねステージなどめがねづくしの会場では、めがねの作り手と触れ合うPOP UP GALLERYや、さまざまなワークショップ・体験ブースなど、産地ならではの企画がたくさんあります。「めがねよ、ありがとう。」を合言葉に、作り手と使い手が一緒になって楽しむ時間を共有することで、新たな発見や刺激がうまれ、産地の活性化へとつながっています。