• NEWS

    • めがねフェス2023開催決定!

      めがねフェス2023の開催が、2023年9月30日(土)・10月1日(日)に決定しました!

      全国、全世界のめがね好きのみなさま、2023年秋は、めがねの聖地に集合!!!

      お会いできるのを、楽しみにしています。

      めがねよ、ありがとう!

       

       

      めがねフェス2022の動画(福井工業大学の学生スタッフが作ってくれました!)↓




      2022年の写真や、過去の開催の様子の動画は、ABOUTのページにも掲載しています。
      https://meganefes.com/about/

       

    • めがね産業の黎明期描く映画「おしょりん」今秋公開!



      メガネが、彼らの<せかい>を変えた。
      福井の眼鏡産業の黎明期を描いた映画「おしょりん」がこの秋公開されます。

      藤岡陽子さんの小説「おしょりん」(ポプラ社)を原作とする本作は、明治時代の福井を舞台に、豪雪地帯のため冬は農作業ができず収入の道がなくなる村を助けようと、メガネ工場をゼロから立ち上げた増永五左衛門と幸八の兄弟と、2人を信じて支え、見守り続けた妻・むめを描いた、挑戦と情熱、そして家族の愛の物語です。

      主人公、むめ役は北乃きいさん、むめの夫で増永兄弟の兄、五左衛門役には、小泉孝太郎さん、弟の幸八役は森崎ウィンさんが出演されます。オール福井ロケで撮影され、予告動画も公開されました。

       

       

      福井のめがね産業はどのようにしてはじまったのか?
      現在のめがねづくりにも引き継がれる熱い思いや歴史を感じていただけると思います。

      全国のめがねを愛する皆さんに必ず見ていただきたい映画です!
      公開が待ち遠しい!!!

       

      めがねよ、ありがとう。

    • 「めがねよ、ありがとう作文」募集開始

       

      めがねよ、ありがとう作文の募集が始まりました。
      今年もぜひたくさんのご応募お待ちしています!

      応募要項など、詳しくは当webサイトの「MEGANE SAKUBUN」のページをご覧ください。
      https://meganefes.com/sakubun/

    • 「めがねよ、ありがとう作文」映像化作品公開中

      東京藝術大学大学院映像研究科による映像作品「めがねと広い世界」をめがねフェスの YouTube チャンネルで公開中です。原作は 2021 年度の「めがねよ、ありがとう作文」最優秀賞受賞作品です。

      生まれつきの弱視を診断されたわが子に向ける母の気遣いや、子どもの成長を支えてくれた眼鏡へ の感謝などをつづった作品です。2022 年 10 月 1 日に、「めがねフェス」のステージにて初上映され、 第6回 渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 学生部門First Select 21にも選出されました。





      出演:梅舟惟永 渡部さえ 山崎もえ 広瀬慎一

      企画・制作:小池悠補 脚本:横尾千智

      撮影:小澤将衡

      録音:井口暁斗

      編集:佐藤善哉

      美術:AILEI AIERKEN

      協力:東京藝術大学大学院 映像研究科 映画専攻 鯖江市役所 舛井省志 横尾家

      協賛:一般社団法人 福井県眼鏡協会

      監督:平田雄己

      原作:井沼友「めがねよ、ありがとう作文」2021年度最優秀作品